紫外線ライトで目をつぶるようになってしまった事例を募集

なぜかよく目をつぶるようになってしまったフトアゴちゃん、その他のトカゲさん、カメさんがいたら、お使いの紫外線ライト(UVB)のメーカー、モデル、製造年月日を知らせて下さい!!できれば、使用開始後、どのくらいで目をつぶるようになったか、その他の健康状態の詳細も・・・

別に今すぐその情報をどうするつもりもないのですが、最近この問題についてよく聞くので、事例を集めてみたいと思っています。もしかして、特定のメーカー&モデルで問題が発生しているのかな?と思って・・・

目をつぶってしまう原因は、何らかの感染症(その場合、爬虫類専門の獣医さんで抗生物質の目薬を出してもらうことになると思います)、床材の砂やカルシウムの粉などの異物が入ったとか(その場合も獣医さんに連れて行くのが一番確実ですが、薬局で売っている無菌の生理食塩水で洗い流してみるのも手です。それで直るとも限りませんが、害もありません。ただし、下手に無理矢理やってストレスを与えないようにだけ注意してあげて下さい)、ビタミンA不足(ちなみに、ビタミンAは、過剰摂取も害になり得るようです)など無限にありますが、粗悪な紫外線ライトを使っていると、または、粗悪品でなくても間違った使い方をしていると、それも原因になり得るようです。

大手メーカーのものでも、安心しないで下さい!!

イギリス&アメリカでは、以前、特定のメーカー&モデルの紫外線ライトで(複数ありましたが、よく知られている大手メーカーのものも含まれていました)、いつも目をつぶるようになってしまったとか、グッタリしてしまったとか、酷い場合はマブタが腫れたり、ウロコがダメージを受けたりの事例が連続して発生し、有志のチームがいろんなメーカー&モデルのライトを実験してレポートにまとめ、メーカーへ提出して、メーカー側も改善する・・・なんて流れもあったようです。(英語ですがソースはこちら

本当にメーカー&モデル、さらには製造年月日にもよるので(前述の通り、途中から改善されたりもしているので)、あまり下手に営業妨害みたいなことは言えませんが、目の問題が発生したモデルは、細長い蛍光灯よりもグルグル巻いているコイル型(スパイラル型)の方が比較的多かったようです。

おかしいな?と思ったら、試しに紫外線ライトを丸々2~3日ほど消してみて下さい。野生でも2~3日くらい天気が悪い日はいくらでもありますから、大丈夫です。ただし、バスキングランプ(保温球)はいつも通りのスケジュールでつけておいて下さい。もし、紫外線ライトが保温も兼ねているタイプであれば、バスキングランプは、人間用の普通の白い電球で代用できます。ワット数は温度によります。温度計をよく見て調節して下さい。

紫外線ライトが原因で目を閉じていた場合、ほとんどのケースで問題のライトを消して2~3日の内に目を開け始めるそうです。ピッタリの和訳が見当たらないのですが、「photo-kerato-conjunctivitis」と呼ばれる紫外線の過剰照射による角結膜炎(?)の一種のようです。ゴーグルをつけずにスキーをすると、目をやられますよね。それと同じ仕組みだそうです。よっぽど重症でない限り、問題のライトを消して(またはスキー場を離れて)しばらくすると自然に治ります。

ちなみに、私はZOO MED社のレプティサン10.0(5.0もあるけど、10.0の方)を使っています。コイル/コンパクト型ではなく、細長い蛍光灯です。何種類かの長さが出ています。アメリカではこのレプティサン10.0が一番良いとされており、日本でも売っています。このモデルなら、目に悪くないのも、UVBの量&質も、自信を持ってオススメできます。

紫外線ライトに関して、他に工夫できることとしては:

1)紫外線ライトはフトアゴちゃんから15センチ以上離れていること。(でも、60センチ以上離れてしまうと、UVBが届きません。具体的な数字はメーカー&モデルによります)

2)紫外線ライトと合わせて、白い(赤ではなく)バスキングランプ/保温球をつけること。白くて明るい光は、温度を保つのはもちろん、紫外線ライトから目を守る役割も果たすそうです。

以上の話にピンと来たら、詳細を教えて下さい!!同じメーカー&モデルで同じ問題が多発しているようなら、前述の有志のチームにタレコミして実験してもらうか、そこまでしなくても、メーカーに意見を送ろうと思っています<世界の爬虫類の健康と幸福を祈って・・・

別に紫外線ライトが原因だという確信がなくても構いません。ちょっと怪しいなと思ったら、まず教えて下さい。ココにコメントでも、メールでもOKです。秘密は厳守します<って、別にそんな秘密はないと思うけど、いつもお世話になってるショップで勧められた商品だから、文句言いにくいんだよなー、とか。よろしくお願いします!!


sharakenをフォローしましょう



テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

また獣医さんへ

自分(人間)のセキが続いていたのは2ヶ月放置して気管支炎になっちゃったのに(つい先月の話。現在は完治)、怪獣のこととなると、一切面倒臭がらずソッコウ獣医にダッシュしちゃうから不思議だ。

web_mykyju_3.jpg
だって可愛いんだもん。

毎日水飲ませてるのにまた少し硬いオシッコが出たので、獣医さんに連れて行ったの。まあ、先生も前回と同じアドバイスしかできないようで、とりあえず、怪獣のお腹グリグリ触って異常ないこと確認してもらった。

ついでに、最近口を少しだけ開けてアホ面してることが多いと話したら、呼吸器感染の可能性がないか、先生、怪獣の口の中を診てた。片手で顔の側面をギュッとつかんで、もう一方の手であのトゲトゲのアゴの辺りをつまんで引っ張って(私は身体を押さえつつ)、ムリヤリ口開けさせたんだよ。キャワイソー!!身をよじらせて嫌がってた怪獣さん、ゴメンね・・・こちらも結果は異常なし。てゆーか、口の中の様子を見ただけでわかるもんなのかね?

というわけで、今回は私の心配し過ぎで済んだからメデタシメデタシだったのだけど、せっかくなのでランダムないろいろを獣医さんに教わって来たよ:

1)日光浴は、チョコチョコと短い時間をしょっちゅうやるより、頻度はそこまで多くなくても、一度に1時間とか2時間とか長くやる方が効果的。(もちろん暑くなり過ぎには注意!)

2)冬眠は翌年繁殖させる予定があるなら絶対必要。でも繁殖の予定がないなら必要ナシで、むしろ冬眠させない方が無難。冬眠させるかさせないかは、キッチリ決めてやるべき。中途半端なやり方はフトアゴちゃんを混乱させてしまうのでダメ。(冬眠については、また別の機会に詳しく書こうと思います。今、私も興味津々のテーマなので・・・)

3)野菜を食べないコには、ケージ内に小さな植木鉢を倒れないような形で設置して、生の野菜を育てるのがオススメ。お皿の上の切り刻まれた野菜は食べないが、自然と同じ状態で土から生えてて縦方向に伸びた野菜なら自ら食い千切って食べるというコも多いらしい。

ほほう・・・<アゴをさすりながら。

そうそう、待合室でサイイグアナを連れてる人がいて、ちょっと触らせてもらったよ!私は他のトカゲも爬虫類もあまり興味がなく、いまだにフトアゴオンリーなのだけど、このサイイグアナって種類だけは猛烈カッコイー!と思ってる。その名の通り、見た目はまさにサイなの。でもイグアナ。爬虫類博覧会で初めて見た時は、その不思議で美し過ぎる風貌に心底感動した。

rhino_iguana.jpg
ウィキから無断転載・・・クリックして大きいサイズで見てちゃぶだい。

このサイイグアナくんは、左腕を折っちゃったそうでギプスされてたよ。可哀相に・・・




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

寄生虫で獣医さんへ

前回の続き。

というわけで、怪獣を獣医さんに連れて行きました。事前にBeardedDragon.Orgでいろいろリサーチしてから行ったんだけど、あんまり役に立たなかったわ。「Strongylesって一体何ですか?!」と先生に迫ってみたが、「ただの寄生虫だよ。薬で治るから落ち着け」みたいなこと言われた。おっしゃる通りであります。

それでもしつこく、「何匹見つかったんですか?!」(←BeardedDragon.Orgでは、必ずカウントを確認するように、とか書かれてたので)と聞いてみたら、ラボからのレポートを見直して「んー、書いてない」だって。おいおい、先生、大丈夫かいな!!でも、「寄生虫は断続的にウンコに混じって出て来るのだから、今回のサンプルの中に何匹見つかったかってのはあまり意味がないよ。お腹の中に何匹いるかはまた別の話だから。Coccidia(クコシジウム)なんかでは、見つかった数によって危険度がわかったりするけどね」みたいなこと言われて、ふーむ・・・

薬の量を決めるのに怪獣の体重を量ったら340gでした。3ヶ月前の5月に便秘で連れて行った時は277gだったから、まだ成長してるんだねー!んで、Panacurって小さい注射器みたいのに入ったベタベタの白い薬0.15mLを2回分もらった。

web_futoago_028.jpg
こんなの。

口をグッと開けさせて、ブシュッと注入するの・・・初回はその場で先生にやってもらって、怪獣は口をムリヤリ開けさせられた時は身体をよじって嫌がってたけど、いざ注入されて解放されたら、不思議そうに口をパクパクやって飲み込んでたよ。2回目は2週間後、私が自分でやらなきゃいけない・・・ぎゃーん、こんなの怖くてできないよー!気の強い大阪人の友達がいるので、彼女にやってもらうわ。

Panacurってのは、寄生虫駆除にはわりと主流な薬みたい。本当はBeardedDragon.Orgで読んで「StrongylesにはPyrantel pamoate(Strongid-T)って薬ね!!」と全くわけわからないながらも勝手に決めて行ったんだけど、先生が出して来たのはPanacurだったの。ま、素人の私が出る幕じゃないか、と思って何も言わずに従い、帰宅後もう一度調べてみたらPanacurもStrongylesに効くと見つけてホッ。しかも結構マイルドで副作用もほとんどないってさ。

副作用で一番気を付けるべきなのは、脱水症状。だから薬の投与中は頻繁に温浴させるのが吉。私は毎日30分ずつさせてるよ、今。

web_mykyju_060.jpg
心配性の飼い主のせいでイイ迷惑だっちゅ。

(追記:と思いきや・・・この1ヶ月後、水分不足で危機一髪の事態が・・・!!)

それから、薬は腸内の良い菌も一緒に殺しちゃうので、プロバイオティックスを摂ると良いらしい。人間も抗生物質を飲んでる時はヨーグルト食べろとかヤクルト飲めとかいうでしょう。それと似たノリで、薬ではなくて、ナチュラルなビタミンみたいなヤツ。でもフトアゴは乳製品消化できないので、ヨーグルトやヤクルトはダメ。豆乳ヨーグルトならOK。もちろん余計な味がついてないヤツね。または、爬虫類用のプロバイオティックスってのも売ってる。粉状で、カルシウムみたいにコオロギに振りかけてあげれば良い。日本でも入手できるかわかんないけど、具体的にいうと:Acidophiliz、BeneBac、NutriBacなど。ナチュラルなものなので、これは普段からあげて良い。

でも、獣医さんにプロバイオティックスのこと聞いたら「そんなもん役に立たないよ。宣伝に踊らされてるよ」と一蹴されたの・・・えー、でもBeardedDragon.Orgでは「プロバイオティックスを摂り始めたら、元気になりました!」って体験談が一杯あるのにー!

ふーむ・・・今回はBeardedDragon.Orgの情報VS.獣医さんの話で少し悩むことになりました。この獣医さんは獣医学部の人たちが読むような爬虫類の専門書とかも書いてる偉い先生のハズなんだけど(でも見た目は陽気な白ヒゲのおっちゃん。サンタクロース的。口調がいつも冗談っぽくて何だかオモロイ)・・・まあ、前々から思ってたことだけど、ブリーダーや愛好家と、獣医では根本的に視点が違うのかもしれないね。いろんな意見を聞いて、最終的にはイイとこ取りするのが吉ですな。




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

寄生虫!

ぎゃーん!!マイカイジュに寄生虫!

ハッキリ言って、私は怪獣に関しては猛烈潔癖ですよ。ウンコしたらすぐその場で完璧に掃除。1分でも放置しない。そりゃ私の外出中だったらしょうがないけど、帰宅したらまず何より先にケージを掃除する。一晩放置なんて絶対有り得ない。床材はタイルだからジャブジャブ洗剤で洗ってオーブンで熱殺菌するし、インテリアも定期的にケミカル&熱殺菌してる。ケージ内が汚れることを気にして活餌は怪獣をケージの外に出してあげてるし(手順はこちら)、その活餌もちょっとでも弱ってたり古くなってたりすると虫さんたちにはゴメンだけど怪獣にはあげずに処分してしまう。野菜はお皿に盛って日中ケージに入れっ放しにするけど、その野菜もよーく洗ってから使うし、夜には必ず出して捨ててる。そして、週に2~3回は怪獣を温浴させてる。

・・・と、ココまで誇りを持ってテマヒマ掛けてます宣言しちゃう私が言うのだから、これホント:「フトアゴに寄生虫は避けられない道」!!別にフトアゴみんなに寄生虫がいるなんて言うつもりは全然ないけど、人間がどんなに気を付けて毎日うがい&手洗いしてても、風邪引いちゃう時は引いちゃう、みたいな。活餌や野菜からもらっちゃうらしい。

だから、元気なフトアゴちゃんにも6ヶ月に1度はウンコde寄生虫チェックを猛烈オススメします。マイカイジュも全然いつも通りに元気なんだよ。特に気になることはなくて、ホント単純に前回の寄生虫チェックから6ヶ月以上経っちゃったからってだけで、獣医さんにウンコ持って行ったのだ。

それもマイカイジュの獣医さんは州外の爬虫類専門ラボに送るとか何とかで、月~金しかウンコ受け付けてないと言われて、しかも12時間以内のホヤホヤ☆ウンコじゃないとダメで(時間が経ち過ぎるとわからないらしい)、私は平日は仕事があるのに、さー、どーすんの、ってかなり大変な思いして持って行ったの。朝の出勤途中にスチャッと持って行くことはできるけど、前日のウンコじゃ時間制限オーバーになっちゃうし、当日朝早くにウンコしてくれる可能性はかなり低いから・・・前回はなぜか土曜日でも受け付けてくれたんだけどなー。

それが先週また会社に連れて行ってたら、怪獣がモリモリと大量のサンプルを・・・!しかも今はランチタイム、堂々と会社を抜けられる時間・・・!!これ以上のグッドタイミングはもうないのでは・・・?

こんなこともあろうかと密かに持ち込んでいたジッパー付きのビニール袋を取り出し、他の社員の目を盗んでサンプル採取。お昼買って来まーす、みたいな涼しい顔してウンコ隠し持ち、会社から車で10分の獣医さんへGO(怪獣はオフィスのケージでお留守番)。サンプル届けて無事ランチタイム終了前に帰って来た。まさにウンコ大作戦。しかし、ランチタイムにウンコ密輸してでも今やって本当に良かったと思うよ。

web_mykyju_059.jpg
ご主人さま。お足が少々面白いポーズになっていますね。

んで、つい昨日、獣医さんから留守電が残っててガガーンとなったの。Strongylesとかいう寄生虫だって。ネット検索したけどあんまり出て来なくて日本語もわかんない。馬に多い寄生虫らしいけど・・・どーゆーこと?詳しい人、教えてちゃぶだい。さすがBeardedDragon.Orgで検索したら多少は出て来たので、オススメの薬とかワケわかんないなりに一応メモったけど。

というわけで、明日怪獣も一緒に獣医さんへ行っていろいろ聞いて来ます。怪獣、初めての薬投与だわ。どうなることやら・・・

つづく




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

シャらケン

Author:シャらケン
カリフォルニア州ロサンゼルスでフトアゴヒゲトカゲのマイカイジュ(由来はもちろんMY怪獣。MYKYJUと書きます)と暮らすシャらケンです。15歳で留学し、そのまま永住。バツイチの39歳女性。トカゲに凝ってる場合じゃないだろう!
フトアゴ大百科 サイトも始めました。

ツイッター
ブログ カテゴリ
ブログ 最新コメント
ブログ 月別アーカイブ
ブログ カウンター(総合)
ブログ カウンター(現在)
現在の閲覧者数:
ブログ 検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード