FC2ブログ

新しい流木

博覧会の戦利品は、流木でっしゅ!あれ、フツーにお店で買うと結構高いんだよね。前から使ってるのが一つあるんだけど、身体がもっと小さかった頃はガシガシよじ登れたのに、最近はつかまり立ちに使われる程度に・・・しかも、大きいケージに引越し後、天井のUVB蛍光灯に遠過ぎるんじゃないかという懸念があったので、よーし、ボーズ、ママが大きいのを買ってやるじょ!

web_mykyju_014b.jpg
小さかった頃の怪獣、ハハハッと笑いながら木登り中。

博覧会では、いろんなサイズ・形の流木ばかりドサドサと床一面に置いてる専門ブースがあり、ぎゃーん!こんなたくさんの中から選べなーい!!私が求めていたのは、A)高さがあって、B)怪獣が登りやすいよう急カーブ過ぎず、C)グラグラせず安定してて、D)ヘンな穴とかない掃除しやすい形で、E)オーブンに入るヤツ・・・他のお客さんたちがいくつか適当に手に取るだけでスチャッと即決して買って行く中(ちなみに、他の人が手にしてるヤツに限ってやたら良さそうに見えるのはなぜですか?)私だけいろんな方向に置き直してグラグラ・テストとかしてて猛烈カッコ悪かった。最終的には、店長のオジチャンに前述の条件を話し、一緒に探してもらって決めたの。

値段は30ドル/約2900円。このサイズ、お店で買ったらこの倍近くするけど、博覧会への入場料(1ドルOFFのクーポン使って7ドル/約670円)とサンディエゴまでのガソリン代を考えると、決してお得だったとは言えないかも・・・えーと、ロサンゼルス-サンディエゴ間が片道120マイル/約190キロなので、往復でガソリンはタンク半分以上使う・・・25ドル/約2400円分くらい??ぎゃーん!全然安くなってなーい!!

ところで、オジチャンには「普通の家庭用オーブンには入らないと思うよ。でも殺菌ならすでにしてあるから大丈夫。僕は6フィート(約180センチ)の専用オーブンを持ってるから」みたいなことを言われ、ムムウ・・・。代わりに掃除のコツを聞いたら、セルフサービスの洗車屋(・・・なんて日本にもあるのかな?)に持って行って水だけで洗えば良いよ、だって。ほら、洗車に使うホースって消防車のホースみたいにジューッてすんごい圧力じゃん。なるほどねー!あとは日光で乾かせば殺菌になるらしい。

ところが!家に帰って試してみたら、ギリギリでオーブンにも入ったの。わーい!

futoago_025.jpg
もはや怪獣用となってるウチのオーブン。

以下、BeardedDragon.Orgで学んだ殺菌方法(石やタイルの場合にも使えます):

1)10%の漂白液に30分浸ける。私は1時間浸けちゃうけど。(ケミカル殺菌)
2)水でよーく漂白液を洗い流す。スポンジでゴシゴシも。この段階で、博覧会のオジチャンが教えてくれた洗車用ホース術が使えるかも!
3)飽きるまで日光で乾かす。(日光殺菌)
4)完全に乾かす目的も含め、摂氏150度/華氏300度のオーブンで30分ほど焼く。(熱殺菌)(追記:オーブンの温度&時間は木の大きさや種類によって調節して下さい)

木をオーブンに入れるなんて火事にならないかな?ってちょっと不安だけど、全然ダイジョーブ。しかも、オーブン開けると何だか懐かしい匂い・・・木の露天風呂の香りだよ!!

・・・と、半日掛けて準備を整え、いよいよケージに入れてみよー!!さあ、ボーズ、好きなだけ遊ぶが良い!

web_mykyju_046.jpg
あら・・・




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

タイル万歳

マイカイジュのケージの床にはゴツゴツしたタイルを使っております。タイルといってもナチュラルっぽいヤツで、スレート/Slate・・・粘板岩??今ちょっと調べてみたら、「粘土が固まってできた堆積岩で、薄い板状に割れる」だって。そうそう、確かに板状に割れるわ、あれ。

web_mykyju_039.jpg
こんな感じ。手前はお外をご覧になってる怪獣さん。

タイルはいいよー!ほんのりイイ感じに温かくなるし、爪が自然と短くなるし、掃除が簡単だし、何より清潔!!細菌や寄生虫は、食べ残しやウンコの放置が原因になることがほとんどだけど、タイルならケージから出してジャブジャブ洗えるからね。しかも、洗った後、乾かす目的も含めて、私はオーブンで焼いて殺菌してるの。摂氏180度/華氏350度で40分ほど。すると、細菌はほぼ完全死滅するそうです。タイル、ほんとオススメ!!

てゆーか、タイル以外のものはオススメしません・・・まあ、ペーパータオルや新聞紙なら良いけど。でもペーパータオルは爪が伸びやすいかも。

オーストラリアの砂漠のトカゲなんだから、砂が一番いいんじゃないの?と思う人が多いけど、実際はフトアゴが生息してる地域って、こんな感じの硬い土なんだって。そう、砂ではなく土、それもこんなギッチリ固まった硬い土。このリンク先の人も、タイルを激しくオススメしています。

(追記:砂漠に棲んでいるとの情報がウソというつもりは全くなく、砂漠は砂漠でも、私たちが通常イメージするようなサラサラした砂の砂漠ではなく(ちなみに、この一般的なイメージは日本人もアメリカ人も同じだと思います)、硬い土の砂漠らしいです、という意味でした。硬く固まった上、日光で焼かれて(土器の要領で)、ほとんど岩みたいな感じのようです)

だから、砂浜みたいなサラサラした砂って、別に自然に近いわけでもないんだよ。誤飲による腸閉塞(インパクション/Impaction)の原因になるだけで、良いことナシです。BeardedDragon.Orgでは(←回し者みたいにココのサイトの話ばかりですんませんけど)100%注意されます。特に、カルシウム入りと謳ってるタイプは危険!カルシウムが入ってることでフトアゴちゃんは余計に砂を食べるようになっちゃうし、しかも、あのタイプは濡れるとセメントみたいに固まるんだって!なんであんな酷い商品がフツーに店頭に並んでるんだ!ってみんな怒ってるよ。

まあ、床材に関しては、見聞きした情報に過ぎないながら、まだまだ怖い話がドッサリあるんだけど、また別の機会に書こうと思います。「でもウチのコは砂を掘って潜るのが大好きなんだけど・・・」って飼い主さんは、ケージの一角だけ、それもご飯を食べる(=誤飲の可能性が高い)エリアからは遠く離れた場所だけにすることをオススメします。公園の砂場風に。その砂も前述のカルシウム入りはダメ。あと、バブーにはたとえケージの一部分だけでもダメだそうです。バブーは興味津々で何でも舐めまくるから誤飲の可能性が高いし、腸も小さくてすぐ詰まるから。潜るの好きなら、代わりにタオルとかツタ状のフェイクプラントを床に置いてあげれば良いよ。私もフェイクプラント使ってます。上の写真、奥の方の緑のヤツ。しかも形はマリファナの葉っぱ。不良怪獣。げらげら!

・・・と、タイル万歳の話を長々としちゃいましたが、今日はそのタイルのせいで危うい目に遭ったっす!そして、怪獣テレパシーに救われたのです・・・!!次回は打って変わって超常現象の話だじょ!




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

シャらケン

Author:シャらケン
ロサンゼルス在住のシャらケンです。15歳で留学し、そのまま永住。バツイチの40歳女性。
2017年5月28日、フトアゴヒゲトカゲのマイカイジュが亡くなってしまいました。あと1ヶ月半で9歳でした。
フトアゴ大百科 サイト

ツイッター
ブログ カテゴリ
ブログ 最新コメント
ブログ 月別アーカイブ
ブログ カウンター(総合)
ブログ カウンター(現在)
現在の閲覧者数:
ブログ 検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード