スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍獣好き仲間のご近所さん ~正解発表編~

前回からのつづき)

珍獣好き仲間のおばちゃんが夜遅く私の部屋にやって来て、「ミルワームを持っていたら少し分けてもらえないかな、と思ったんだけど・・・」と。あら、おばちゃん、どうして急にワームなんて必要なの??

cu.jpg
ヒントはこの写真だじょ!

さあ、このキャワイー坊やの正体は・・・?!「ワンちゃんじゃないの?」なんて声も聞こえて来ますが・・・






















どきどき・・・わくわく・・・






















web_bat_01.jpg
どどーん!全体図。

とあるシアターに迷い込んで壁に激突して怪我したコウモリだって。たまたま現場に居合わせたおばちゃんの弟が保護して、「どうしよう」とおばちゃんのところに持って来たそうな。ネットで調べてみたらミルワームを食べるらしいことがわかり、でもミルワームなんかどこでどう入手できるのかわからない、そこで階下に住むトカゲ飼い(私)に聞いてみよう・・・ってなったわけ。

おおお、ミルワームはないけど、ホーンワームとバターワームならありますよ!と喜んでオスソワケ。ご近所さんと塩コショウのオスソワケなら聞いたことあるが、ワームのオスソワケは私も初体験ですよ、ええ。

(ところが、残念ながらコウモリくんはこのワーム食べなかった模様・・・)

web_mykyju_071.jpg
あら、せっかくアタシのワーム、分けてあげたのに・・・

翌朝、おばちゃんはさらにネット検索して、コウモリ保護の会みたいな団体を発見&問い合わせ。コウモリ☆ラブの人々が傷付いたコウモリを治療して野生に返す、みたいな活動をしてるのだ。ずいぶんとドンピシャリな団体が存在するもんですな!

それで、その日のお昼過ぎには保護の会の人がおばちゃんのところまでコウモリくんを引き取りに来たんだよ。てゆーか、仕事ハヤッ!!みんながラブを持って動けば、世の中もっとずっとスムーズに回るに違いない、と思った。

web_bat_02.jpg
ネズミのような、鳥のような、なんとも不思議で美しい動物。

保護の会よ、あとは頼んだ。コウモリくん、早く元気になってね!!




スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

あっそうか、コウモリちゃんね~。
毎晩見ているのに、気が付かなかった・・・残念!
我が家の周りには田んぼがあるので、
夏の夜はコウモリちゃんが低空飛行。
雨戸の隙間でもがいてみたり・・・。
YUUが小さい時に、コウモリを飼いたい言ってました。
顔が可愛いんですって。理解できまシェン。

くぅママさんへ

そうでしたね、日本は結構コウモリいますね。私も日本ではよく見掛けていたことを思い出しました。でも、顔がどんなかまでは見たことなかったんですが、今回初めてジックリ見て、おお、実はカワイー!と驚きました。翼を持ったネズミのような、ネズミの顔した鳥のような・・・ファンタジーっぽい生き物ですね。子供の頃のYuuさんが飼いたくなっちゃったの、わかります!
プロフィール

シャらケン

Author:シャらケン
カリフォルニア州ロサンゼルスでフトアゴヒゲトカゲのマイカイジュ(由来はもちろんMY怪獣。MYKYJUと書きます)と暮らすシャらケンです。15歳で留学し、そのまま永住。バツイチの39歳女性。トカゲに凝ってる場合じゃないだろう!
フトアゴ大百科 サイトも始めました。

ツイッター
ブログ カテゴリ
ブログ 最新コメント
ブログ 月別アーカイブ
ブログ カウンター(総合)
ブログ カウンター(現在)
現在の閲覧者数:
ブログ 検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。