スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーフとは?

先日シルクバックの話をしましたが、爬虫類の色や模様やウロコのいろいろを「モーフ/Morph」といいます。サンドファイアとかトランスルーセントとかジャーマン・ジャイアントとか。

ちなみに、「アゴヒゲトカゲ属/Pogona」という『属/genus』の中に、「フトアゴヒゲトカゲ/Pogona vitticeps」(←ペットとして一番多く流通してるのがこれ。マイカイジュも)とか、「ヒガシアゴヒゲトカゲ/Pogona barbata」とか、「ローソンアゴヒゲトカゲ/Pogona henrylawsoni」とかの『種/species』があって、もちろん見た目もちょっとずつ違うんだけど、これはオーストラリアのそれぞれ異なる地域の出身で、そりゃもう種が違うんだから当たり前っちゃ当たり前。現在「アゴヒゲトカゲ属/Pogona」として公認されている種は8つあるそうで、ま、その話はまた気が向いた時に・・・。とりあえず、詳細を知りたい人はこちらをどーぞ。

んで、モーフってのはそういう生物分類学に沿った「種」とはまた別の話で、まあ、もっとしょうもないというか、人間が掛け合わせて掛け合わせて作ってる、あえて言うなら「品種」かね?しかも、珍しいバブーが生まれるとブリーダーが「新しいモーフが誕生!」なんて勝手に命名してることも多いし、または、そのモーフの血は全く引いてないのにそれっぽい色だからって勝手に既存のモーフ名を使って売ってることもある。

というわけで、モーフってのもなかなかいい加減なモンではあるんだけど、これはいい加減に扱ってるからいい加減になっちゃってるだけなのだ。

留意しとくべきなのは、本来のモーフってのは見た目による分別ではなく、もっと血統とか遺伝子みたいな話だってこと。パグだって、顔がレーズンみたいに黒くて潰れてるからパグなのではなく(まあそれもあるけど)血統がパグだからパグなんじゃん。サンドファイアだって、黄金色っぽいからサンドファイアなのではなく、サンドファイアの血統だからサンドファイアなのだ。

「血統なんてどーでもEじゃん、自分の気に入ったコを見つけて育てるだけなんだからサ」って意見はモットモだし、私も激しく同意だけど、でも、もっと壮大な目線で考えた場合、モーフってのもバカにできないのかもと思う。

というのは、犬だって大昔は掛け合わせて掛け合わせて、今、パグだのチワワだのいろいろあるわけでしょ。犬は人間との歴史が比較にならないほど長いから、品種(犬種)分けがもっとずーっと進んでる&確立してるだけじゃないかね?

つまり、今フトアゴのブリーダーさんたちがレザーバックだのシルクバックだの確立させようと頑張ってるのは、大昔、犬のブリーダーさんたちが顔が黒くて潰れたヤツラや特別チビッこいヤツラを掛け合わせて掛け合わせてパグやチワワを確立させたのと同じことじゃないかね?

そして、フトアゴ界にも犬のケネルクラブにあたる品種を管理する団体ができれば、勝手に新しいモーフを命名したり無関係のモーフ名を使って商売したりの悪徳ブリーダーもいなくなるんじゃないかね?

と言いつつ、これはまだまだ妄想も良いトコの話で、犬と比較すること自体バカというかナンセンスかもしれない。現在のフトアゴにおけるモーフの違いは、もちろん、同じ犬でも「パグVS.チワワ」ってほどハッキリした差があるわけではなく、感覚的には、同じパグでも「フォーンのパグVS.黒のパグ」程度だと思う。

web_shara001.jpg
やたらパグの話が多くない?と思ったアナタは鋭い!

web_shara002.jpg
中学生の頃、日本の実家でパグを飼ってたのだ!名前はシャラちゃん。

web_shara003.jpg
ずっと前に死んじゃったけど、それはそれはもう猛烈に可愛がってたの・・・

てゆーか、犬って親子やキョウダイの近親交配は避けつつも、基本は同じ犬種同士を掛け合わせて行くじゃん。んで、血統書だのドッグショーだのフザけたもんがある。

一方のフトアゴは、ペットとしての歴史はせいぜいココ20年で、フトアゴ専門ブリーダーなんて人々が現れていろんなモーフがどうの言い出したのはせいぜいココ10年。だから、まだまだ近親交配の確率が高くて、同じモーフ同士を掛け合わせるのはやや危険。健康で安定したモーフ確立のためには、長い年月を掛けて、なるべく広い遺伝子プールの中で、少しずつ少しずつ掛け合わせて行くしかないんじゃないかな。フトアゴという愛すべき種の末永い繁栄のためにも・・・

次回は、そんな中でも認識されつつあるフトアゴ☆モーフのいろいろを紹介しようと思うよ!




スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ウルウルな瞳のシャラちゃん可愛い・・・。

私もパグ大好きです。
ボストン・テリアやフレンチブルドックなんかもたまりません・・・。

たしかにワンやニャンなんかは同じ生き物とは思えないくらいの多様性がありますよねー。
もしかしたら遠い未来には人間より大きなフトアゴとかが誕生しているかも・・・。

な・・・長生きしよっと!!

virgoさんへ

おおおおおお、好きな犬の種類が全く一緒!!ブサカワイイ系ですよね!

前々から思ってたんですが、フトアゴの口がグワッと開く感じとか、正面から見ると横長っぽい顔とか、パグやボストンテリア、フレンチブルドッグに通じるものがありませんか??イグアナは優雅なゴールデンレトリバーか何かで、フトアゴはブサカワ系、レオパはもうちょっと小さくて可愛いヨークシャーテリアか何かかなー、なんて思います。

食いしん坊モードの表情とか、たまにマイカイジュがシャラに見えるくらいです。
プロフィール

シャらケン

Author:シャらケン
カリフォルニア州ロサンゼルスでフトアゴヒゲトカゲのマイカイジュ(由来はもちろんMY怪獣。MYKYJUと書きます)と暮らすシャらケンです。15歳で留学し、そのまま永住。バツイチの39歳女性。トカゲに凝ってる場合じゃないだろう!
フトアゴ大百科 サイトも始めました。

ツイッター
ブログ カテゴリ
ブログ 最新コメント
ブログ 月別アーカイブ
ブログ カウンター(総合)
ブログ カウンター(現在)
現在の閲覧者数:
ブログ 検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。