全く模様がない、新しいモーフだって

なんかよくわかんないんだけど、詳しい人、教えてちゃぶだい。

最近、南アフリカの自称獣医でもあるブリーダー、ジャックさんって人がBeardedDragon.Orgをはじめ、いろんなフトアゴ関連のサイトに「新しいモーフが誕生!」って宣伝みたいな書き込みをしてるの。全く模様がないモーフで「ウィットブリッツ/Witblits」と名付けたらしい。由来は南アフリカ原産の白っぽい透明のお酒ですって。

とりあえず、写真見て下さい:

witblits.jpg
無断転載、ごめんちゃ。

キャッワイー!・・・のはフトアゴ・バブーなら当たり前だから置いといて、確かに模様がない。珍しいよね。みんなの反応も基本的には「おお、すげー!」みたいな感じなんだけど、なにしろジャックさんの付けた値段が4000ドル(約40万円)以上なので「いくら何でも高過ぎだろ!」って怒り出す人もいて、まあ、その他にもいろんなちょっとしたことで話がコジれ、BeardedDragon.Orgにしては珍しくスレが荒れたりもしたの。これ。サイト管理人が登場して「皆さん、落ち着いて!」って仲裁に入ったり。

私の疑問は、極端なハイポとかルーシスティック(*)とは違うんかいな?ってことなんだけど、早い話が、まあ、出所が違うらしいんですね。要するに、100%にしろHetにしろハイポの遺伝子を持ったヤツラを掛け合わせてたわけじゃないのに、新たに出て来たモーフらしい。

(*)ちなみに、遺伝学的な定義通りのルーシスティック、つまり白変種のフトアゴってのは実は存在しないというかまだ証明されていないそうで、市場にルーシスティックとして出回ってるフトアゴの99%も、厳密に言えば「Marketed Leucistic/商品名ルーシスティック(?)」と呼ぶべきらしい・・・って、これはまた全く別の話ですが。

というのは、ジャックさんによると、南アフリカのフトアゴ界ではハイポやルーシスティックを含め、黄色のイエロー何とかとか真っ赤の何とかブラッドとか、カッコイイ名前が付いてるようなヤツラは全然いなくて、ほとんどノーマルなんだって。それで、ノーマルの中でも薄い色のヤツラを数世代に渡って掛け合わせて来たら、偶然が重なってこの全く模様のないモーフが出て来た・・・だから、ウィットブリッツの元々の“両親”は見た目ノーマルなんだよ。ただし、それは見た目だけで、実はウィットブリッツ(というか、のちにウィットブリッツと名付けられる遺伝子)のHetだったってわけだけど。

ともかく、ウィットブリッツの家系図にはハイポもルーシスティックも入っていないの。ジャックさんいわく。

んー、なんかよくわかんないけどね。やっぱり「出所が違う」としか解釈できないよね?まあ、ハイポの亜種として売ることもできたけど、少なくとも数世代に渡って血筋が違うし、舞台は南アフリカだし、全く新しい名前を付けてみました、ってことかな?イタリアン・レザーバックとアメリカン・スムージーの違いみたいな??

以下、ジャックさんの説明を基に、ウィットブリッツについてまとめてみます:

1)ハッチした時は銀色っぽい灰色で、数日後、灰色のままのヤツラもいれば、白くなるヤツラもいる。なにしろ新しいモーフなのでまだ何とも言えないが、白いヤツラの方が需要があるようだ。
2)ハッチした瞬間から頭も体も模様ナシで、成長してもずっとそのまま。目の回りの縞々とか、肩の黒っぽいトコとかも全くナシ。(この「全く模様がない」ってのがウィットブリッツ最大の特徴みたい)
3)ないのは模様であって、色はある。黄褐色のヤツラとか。(でも今のところ薄めがほとんどみたい・・・今後、真っ赤だけど模様がないヤツラとか出て来るのかな?)
4)ルーシスティックよりも成長が遅く、最終的にルーシスティックほど大きくはならない。(ルーシスティックはやや大きめの傾向があると言われているから)
5)とは言っても、フツーのフトアゴヒゲトカゲ(Pogona vitticeps)である。ローソンとかではない。
6)あとさらに数世代は観察してみないとハッキリしたことは言えないが、ウィットブリッツは劣性遺伝のようだ。
7)今こんなに値段が高いのは希少価値によるもの。今年ハッチしたバブーは9匹だけ。
8)現時点でアメリカに売られたウィットブリッツはオス3匹だけ。3匹とも黄褐色。
9)今年さらに6匹売る予定。(別のサイトでは、なぜか7匹と言ってたりもする)

ジャックさんは「この6匹の内のほとんどがアメリカに売られて行くことだろう」って言ってるんだけど、これは単にジャックさんがアメリカのサイトを中心に宣伝してるのと、現時点での問い合わせ状況からの推測だと思う。でも彼は「世界中のどこへでも輸送します」と豪語してるので、南アフリカと日本間の生き物の輸出入に関する規制とか私はサッパリわかんないけど、興味あるブリーダーさんは日本からでも問い合わせてみてちょ!

あの銀色のヤツラを売ってたあのお店なんかはすでに問い合わせてるんじゃないかと私は思ってるんだけどね。ふふ・・・<普段、「どーせ日本語のブログだから読めないっしょ」とタカをククッてアメリカのお店やサイト、人々のことはビシバシ無断でネタにしてる私だけど、日本のお店のことになるとちょっとビビッちゃうな・・・

ジャックさんのサイトはこちら

そろそろフトアゴ界にも犬のケネルクラブにあたる、モーフ/品種を管理する団体が必要だと思いマッスル!




スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

青い目のフトアゴ

フトアゴの目はフツー金色だけど、青い目のフトアゴだって。銀色や赤の目はブリーダーさんのサイトで何度か見たことあったけど、青い目は初めて見た。

blue1.jpg
無断転載、すみません・・・

blue3.jpg
確かに青い。

blue2.jpg
ちょっと人間っぽい感じもするね。

おなじみBeardedDragon.Orgに投稿されてたんだけどね。スレはこちら。もっと写真あるよ。

投稿者さんによると、最近レスキュー(捨てられたり迷ったりで保護されたペットを引き取る仕組み)したフトアゴで、体色はノーマルらしい。でも目が青くて「珍しいんじゃないかな?」と思って投稿した模様。

んで、さすがBeardedDragon.Org、すかさず詳しい人が登場、「青い目は何年も前にルーシスティック/Leucisticの血筋から生まれた特性だが、他のモーフと掛け合わされている内にほぼ失われてしまった。たまに生まれるけど、次世代に受け継がれるかどうかにおいてはランダムで、かなり珍しい。この特性を取り戻そうと頑張っているブリーダーもいるが、まだあと何年も掛かるだろう」だって。ほほう・・・<アゴをさすりながら。

このコがもともとレスキューだったってのが、何だかまたちょっとイイ話になってるよね!




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

モーフのいろいろ

少し前にモーフの話をしたけど、その続き。

野生のフトアゴはオーストラリア中央部に広く分布していて、ここは砂漠、熱帯草原、山岳、疎林と、多種多様の表情があるんだって。それで、もちろんみんな同じフトアゴには違いないんだけど、異なる生息地のフトアゴはそれぞれの環境に適応するよう異なる進化の歴史を歩んで来た。天敵から身を隠すため、中部の赤っぽい砂漠のヤツラはより赤く、南部の黄色っぽい砂漠のヤツラはより黄色く・・・自然選択ってヤツですね!

一方、フトアゴっちゅうもんがペットとしてアメリカに登場したのは1980年代後半だけど、当時は茶色~黄褐色のいわゆる「ノーマル」しかいなかった。(情報源がアメリカの本やらサイトばかりなので、どうしてもアメリカ中心の話になっちゃうの・・・ゴメンちゃ!)それが1990年代に入って前述のもっとカラフルなヤツラが輸入され(*)人為的な掛け合わせが繰り返されて、各種の突然変異なんかも現れ、それがまたさらに掛け合わされて、今日の超カラフルなモーフのいろいろができたんだって。

(*)オーストラリアはとっくの昔に野生動物の輸出入を全面的に禁止してたので、ほとんどが闇取引。1990年代前半はフトアゴに限らず爬虫類全般の密輸入全盛期で、密輸業者VS.アメリカ合衆国魚類野生生物局の壮絶なイタチゴッコが繰り広げられてたらしい。マイカイジュのご先祖さまの中にも、暗いダンボールにギュウギュウに押し込められて海を渡って来たコとかいたんだろうなあ・・・

というわけで、飼育下フトアゴにおけるモーフってのはココ10年、15年の歴史しかなく、まだまだ発展途上というか確立されてないというか激しくイイ加減・・・ではあるんだけど、そんな中でも認識されつつあるモーフを大まか&ランダムに並べてみたいと思います。今後、もっともっとスンゴイことになって来るに違いない!

web_mykyju_052.jpg
モーフひとーつにーキリキリマイさー<キャプテン翼のメロディで。

ノーマル/Normal(茶色~黄褐色):

前述の通り、1980年代後半、最初にアメリカへ輸入されて来たヤツラがコレ。落ち着いた地味な色で、これはこれでカワイイ。でも、鮮やかなヤツラの方が人気で積極的に繁殖されるため、最近は「典型的なノーマル」が逆に少なくなって来てるんだって。

それに、最近のノーマルは大体ご先祖さまのどこかに赤や黄金色がいる。ぶっちゃけ、あまりカラーの出なかったコがノーマルとして安めに売り出されてるだけだから。つまり、カラフルな遺伝子は受け継いでて、成長と共に劇的な変化を遂げるコがいたり、ノーマルの親からいきなり鮮やかなバブーが誕生したりもするんだって。


サンドファイア/Sandfire(赤~オレンジ~黄金色~黄色):

今一番広く認識されていて、そしてだからこそ、その名が乱用されることも一番多いのがこのモーフでしょう。もともとはカリフォルニア州のサンドファイア・ドラゴン・ランチで生み出された血筋。

このサンドファイア・ランチってのはフトアゴ・ブリーダーの中でも老舗中の老舗で、長崎カステラなら福砂屋にあたる。そこの創始者のロバート・メルー/Robert Mailloux氏は、サンドファイアのモーフはもちろん、北米全体におけるフトアゴ繁殖の父みたいな存在らしい・・・と、爬虫類博覧会で彼を目撃した時の日記にも書いたね。

というわけで、サンドファイアってのはメーカーというかブランドというかレーベル的な要素の強いモーフとも言えるかも。


サンバースト/Sunburst(黄色):

カリフォルニア州のドラゴンズ・デンで生み出された、80‐90%黄色の血筋。

このドラゴンズ・デンってのもわりと老舗のブリーダーで、そこのケビン・ダン/Kevin Dunn氏は、前述のサンドファイア・ドラゴン・ランチでロバート・メルー氏とチーム組んでやってたんだよ。少なくとも肩書き上は、今もサンドファイア・ランチのフトアゴ顧問とかになってた気がする(←適当な記憶)。

サンドファイアと同じく、これもレーベル的なモーフだね。


ジャーマン・ジャイアント/German Giant(サイズが大きく、多産):

とりあえずサイズが大きくて、大きなオスだと24インチ(約61センチ)を超えることも。でも頭はそれほど大きくない。というか、身体が大きい分、普通のフトアゴに比べて頭デッカチさが目立たないのかな?

多産で、1回のクラッチで50個以上の卵を産むとか。68個なんて記録もあるらしい。だから、繁殖力を高めるために掛け合わされることも多い。

丈夫で強く、個体によってはやや気性が荒い。

色はノーマルと同じで茶色~黄褐色。目玉はシルバーっぽいゴールドで、瞳孔とのコントラストが目立つ。

その名の通り、もともとはドイツで生み出されたモーフで、フロリダ州のピート・ワイス/Pete Weis氏がアメリカに持ち込んだらしい。彼も前述のロバート・メルー氏やケビン・ダン氏と並んで北米のフトアゴ繁殖における大御所のハズだけど(1990年代から活躍)ウェブサイトが見つからないので、もしかしてもう引退したのかな?


ふう、疲れた・・・まだまだハイポだのトランスルーセントだのいろいろあるよ!!

web_mykyju_053.jpg
すでに誰も聞いてない予感濃厚だぞ

(つづく)




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

モーフとは?

先日シルクバックの話をしましたが、爬虫類の色や模様やウロコのいろいろを「モーフ/Morph」といいます。サンドファイアとかトランスルーセントとかジャーマン・ジャイアントとか。

ちなみに、「アゴヒゲトカゲ属/Pogona」という『属/genus』の中に、「フトアゴヒゲトカゲ/Pogona vitticeps」(←ペットとして一番多く流通してるのがこれ。マイカイジュも)とか、「ヒガシアゴヒゲトカゲ/Pogona barbata」とか、「ローソンアゴヒゲトカゲ/Pogona henrylawsoni」とかの『種/species』があって、もちろん見た目もちょっとずつ違うんだけど、これはオーストラリアのそれぞれ異なる地域の出身で、そりゃもう種が違うんだから当たり前っちゃ当たり前。現在「アゴヒゲトカゲ属/Pogona」として公認されている種は8つあるそうで、ま、その話はまた気が向いた時に・・・。とりあえず、詳細を知りたい人はこちらをどーぞ。

んで、モーフってのはそういう生物分類学に沿った「種」とはまた別の話で、まあ、もっとしょうもないというか、人間が掛け合わせて掛け合わせて作ってる、あえて言うなら「品種」かね?しかも、珍しいバブーが生まれるとブリーダーが「新しいモーフが誕生!」なんて勝手に命名してることも多いし、または、そのモーフの血は全く引いてないのにそれっぽい色だからって勝手に既存のモーフ名を使って売ってることもある。

というわけで、モーフってのもなかなかいい加減なモンではあるんだけど、これはいい加減に扱ってるからいい加減になっちゃってるだけなのだ。

留意しとくべきなのは、本来のモーフってのは見た目による分別ではなく、もっと血統とか遺伝子みたいな話だってこと。パグだって、顔がレーズンみたいに黒くて潰れてるからパグなのではなく(まあそれもあるけど)血統がパグだからパグなんじゃん。サンドファイアだって、黄金色っぽいからサンドファイアなのではなく、サンドファイアの血統だからサンドファイアなのだ。

「血統なんてどーでもEじゃん、自分の気に入ったコを見つけて育てるだけなんだからサ」って意見はモットモだし、私も激しく同意だけど、でも、もっと壮大な目線で考えた場合、モーフってのもバカにできないのかもと思う。

というのは、犬だって大昔は掛け合わせて掛け合わせて、今、パグだのチワワだのいろいろあるわけでしょ。犬は人間との歴史が比較にならないほど長いから、品種(犬種)分けがもっとずーっと進んでる&確立してるだけじゃないかね?

つまり、今フトアゴのブリーダーさんたちがレザーバックだのシルクバックだの確立させようと頑張ってるのは、大昔、犬のブリーダーさんたちが顔が黒くて潰れたヤツラや特別チビッこいヤツラを掛け合わせて掛け合わせてパグやチワワを確立させたのと同じことじゃないかね?

そして、フトアゴ界にも犬のケネルクラブにあたる品種を管理する団体ができれば、勝手に新しいモーフを命名したり無関係のモーフ名を使って商売したりの悪徳ブリーダーもいなくなるんじゃないかね?

と言いつつ、これはまだまだ妄想も良いトコの話で、犬と比較すること自体バカというかナンセンスかもしれない。現在のフトアゴにおけるモーフの違いは、もちろん、同じ犬でも「パグVS.チワワ」ってほどハッキリした差があるわけではなく、感覚的には、同じパグでも「フォーンのパグVS.黒のパグ」程度だと思う。

web_shara001.jpg
やたらパグの話が多くない?と思ったアナタは鋭い!

web_shara002.jpg
中学生の頃、日本の実家でパグを飼ってたのだ!名前はシャラちゃん。

web_shara003.jpg
ずっと前に死んじゃったけど、それはそれはもう猛烈に可愛がってたの・・・

てゆーか、犬って親子やキョウダイの近親交配は避けつつも、基本は同じ犬種同士を掛け合わせて行くじゃん。んで、血統書だのドッグショーだのフザけたもんがある。

一方のフトアゴは、ペットとしての歴史はせいぜいココ20年で、フトアゴ専門ブリーダーなんて人々が現れていろんなモーフがどうの言い出したのはせいぜいココ10年。だから、まだまだ近親交配の確率が高くて、同じモーフ同士を掛け合わせるのはやや危険。健康で安定したモーフ確立のためには、長い年月を掛けて、なるべく広い遺伝子プールの中で、少しずつ少しずつ掛け合わせて行くしかないんじゃないかな。フトアゴという愛すべき種の末永い繁栄のためにも・・・

次回は、そんな中でも認識されつつあるフトアゴ☆モーフのいろいろを紹介しようと思うよ!




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

遺伝子組み換え?! ~シルクバック~

ま、遺伝子組み換えじゃないんですけどね。ギリギリだと思います、はい。

futoago_023.jpg
うっひゃー!“クリーチャー”って感じ。

ウロコがないの。その名も「シルクバック」。愛称は「シルキー」。触った感じは生まれたてのネズミさんの肌だって。ドキドキ。日本でも出回ってるかわからないけど、少なくともアメリカではまだまだ珍しい。私も実物は見たことない。たまにネット広告で売りに出されてても、軽く1000ドル(約10万円)とかする。

ウロコがない分、色が鮮やかに出るんだって。でも・・・お世辞にもカワイー!って感じじゃないよね・・・どちらかというと、うわッ、キモチワル!みたいな・・・

と言いつつ、初めてトランスルーセント見た時は、エイリアンみたいでキモチワル!って思わなかった??私は思いましたよ、ええ。当時はまだあんまりたくさんのフトアゴを見慣れてなかったからさ。それが今じゃ、そのまさにエイリアンチックな感じがスゲー!カッコイー!!って思うのだから、人の美的感覚なんて信用ならんもんですな。

futoago_024.jpg
そう言われて見直すと、何だかクールにも見えて来た。

性格とか食べる物とか、基本はフツーのフトアゴと全く同じらしい。でも、湿度はちょっとだけ高め、バスキング直下の温度はちょっとだけ低め、UVB蛍光灯からの距離はちょっとだけ遠めにすると良いんだって。ウロコがないから。はい。

んで、遺伝子組み換えってのはさすがに冗談だけど、遺伝子を意識して掛け合わせるのは事実。レザーバックとレザーバックを掛け合わせると、ノーマル約25%、レザーバック約50%、シルクバック約25%の割合で出るらしい。ちなみに、レザーバックとノーマルを掛け合わせた場合は、ノーマル約50%、レザーバック約50%で、シルクバックは出ない。

ふーむ・・・まだちょっと近親交配が気になるよね。弱かったりしないのかな?あともう10年もしたら品種として確立するのかも。皆さん、どー思います??




テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

シャらケン

Author:シャらケン
カリフォルニア州ロサンゼルスでフトアゴヒゲトカゲのマイカイジュ(由来はもちろんMY怪獣。MYKYJUと書きます)と暮らすシャらケンです。15歳で留学し、そのまま永住。バツイチの39歳女性。トカゲに凝ってる場合じゃないだろう!
フトアゴ大百科 サイトも始めました。

ツイッター
ブログ カテゴリ
ブログ 最新コメント
ブログ 月別アーカイブ
ブログ カウンター(総合)
ブログ カウンター(現在)
現在の閲覧者数:
ブログ 検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード